top of page
  • norinoriazm1025

7/9 入局説明会の案内&抄読会


こんにちは!

かなり暑くなってきましたね。

そろそろ将来の入局先の事を考えている先生が多いのではないでしょうか?


当科でも新入医局員を募集しております!!

説明会の日程を決めました。

7月22日(土曜)と8月19日(土曜)の午後です!

いずれも、足立医療センターでの現地開催とWEBでのハイブリッド開催を考えています。


ご希望の方は kyojuhisyopedeast.ao@twmu.ac.jp まで御連絡下さい(#^^#)


初期研修2年目の先生だけではなく、1年目の先生や学生の方も歓迎です!!




そして、恒例の抄読会です。


まずは6月21日に行われた三田先生が選んだ論文です。


急性呼吸困難症候群(ARDS)の症例の重症度や予後について、どのバイオマーカーが主に影響するのか?というメタアナリシス解析です。

NT-ProBNPとBNPが死亡リスクと関連していたとの結果でした。


Cardiac biomarkers in acute respiratory distress syndrome: a systematic review and meta-analysis

Dilip Jayasimhan, Simon Foster, Catherina L. Chang and Robert J. Hancox

Journal of intensive care  2021Apr26  Vol. 9


Background: Acute respiratory distress syndrome (ARDS) is a leading cause of morbidity and mortality in the intensive care unit. Biochemical markers of cardiac dysfunction are associated with high mortality in many respiratory conditions. The aim of this systematic review is to examine the link between elevated biomarkers of cardiac dysfunction in ARDS and mortality.


Methods: A systematic review of MEDLINE, EMBASE, Web of Science and CENTRAL databases was performed. We included studies of adult intensive care patients with ARDS that reported the risk of death in relation to a measured biomarker of cardiac dysfunction. The primary outcome of interest was mortality up to 60 days. A random-effects model was used for pooled estimates. Funnel-plot inspection was done to evaluate publication bias; Cochrane chi-square tests and I2 tests were used to assess heterogeneity.


Results: Twenty-two studies were included in the systematic review and 18 in the meta-analysis. Biomarkers of cardiac stretch included NT-ProBNP (nine studies) and BNP (six studies). Biomarkers of cardiac injury included Troponin-T (two studies), Troponin-I (one study) and High-Sensitivity-Troponin-I (three studies). Three studies assessed multiple cardiac biomarkers. High levels of NT-proBNP and BNP were associated with a higher risk of death up to 60 days (unadjusted OR 8.98; CI 4.15-19.43; p<0.00001). This association persisted after adjustment for age and illness severity. Biomarkers of cardiac injury were also associated with higher mortality, but this association was not statistically significant (unadjusted OR 2.21; CI 0.94-5.16; p= 0.07).

Conclusion: Biomarkers of cardiac stretch are associated with increased mortality in ARDS.

Keywords: Acute respiratory distress syndrome, Respiratory failure, Troponin, Brain natriuretic peptide, Critical care


Journal of intensive care  2021Apr26  Vol. 9

急性呼吸窮迫症候群における心臓バイオマーカー:システマティックレビュー及びメタアナリシス


背景:急性呼吸困難症候群(ARDS)は、集中治療室で多くみられ、主要な死因の一つです。心機機能障害のバイオマーカーは、あらゆる呼吸状態において死亡率に関連しています。

この研究の目的は、ARDSにおいて上昇する心臓機能障害のバイオマーカーと死亡率の関連を調べることです。

方法:Medline、Embase、Web of Science、およびCentralのデータベースのシステマティックレビューが行われました。成人のARDSで集中治療を受けた患者における、心臓機能障害のバイオマーカーと死亡リスクの関連を報告した研究を集めました。主に注目したのは、60日以内の死亡率でした。推定には、ランダム効果モデルが使用されました。出版バイアスを評価するために、ファネルプロットが行われました。コクランカイ二乗検定とI2検定を使用し、不均一性を評価しました。

結果:システマティックレビューには22の研究が含まれ、18の研究がメタアナリシスに含まれていました。心臓の伸展バイオマーカーには、NT-ProBNP(9つの研究)とBNP(6つの研究)が含まれていました。心臓の損傷バイオマーカーには、トロポニン-T(2つの研究)、トロポニンI(1つの研究)、高感度トロポニンI(3つの研究)が含まれていました。3つの研究では、複数の心臓バイオマーカーを評価しました。心臓伸展バイオマーカーであるNT-ProBNPとBNPの上昇は、60日以内の死亡リスクと関連していたと言えました。この関連性は、年齢や病気の重症度で調整した後も変わりませんでした。心臓損傷バイオマーカーであるトロポニンTとトロポニンIも死亡率が高いことと関連していたが、この関連は統計学的に有意とは言えませんでした。

結論:心臓伸展バイオマーカーはARDSの死亡率の増加に関連しています。




2つ目は7月5日に数間先生が行いました。


ダウン症の患者における食物誘発性腸炎症候群(FPIES)のリスクについての論文です。消化管手術、特に新生児や乳児初期の人工肛門造設術を受けた小児はFPIESのリスクが高いので、初期からアミノ酸乳を考慮すべきであるとの論文です。


Food Protein-Induced Enterocolitis Syndrome in Children with Down Syndrome: A Pilot Case-Control Study


Okazaki F, Wakiguchi H, Korenaga Y, Takahashi K, Yasudo H, Fukuda K, Shimokawa M, Hasegawa S. Food

Protein-Induced Enterocolitis Syndrome in Children with Down Syndrome: A Pilot Case-Control Study. Nutrients.

2022 Jan 17;14(2):388. doi: 10.3390/nu14020388. PMID: 35057567; PMCID: PMC8780037.


Abstract: Food protein-induced enterocolitis syndrome (FPIES) is a non-immunoglobin E-mediated food hypersensitivity disorder. However, little is known about the clinical features of FPIES in patients with Down syndrome (DS). Medical records of children with DS diagnosed at our hospital between 2000 and 2019 were retrospectively reviewed. Among the 43 children with DS, five (11.6%) were diagnosed with FPIES; all cases were severe. In the FPIES group, the median age at onset and tolerance was 84 days and 37.5 months, respectively. Causative foods were cow’s milk formula and wheat. The surgical history of colostomy was significantly higher in the FPIES group than in the non-FPIES group. A colostomy was performed in two children in the FPIES group, both of whom had the most severe symptoms of FPIES, including severe dehydration and metabolic acidosis. The surgical history of colostomy and postoperative nutrition of formula milk feeding may have led to the onset of FPIES. Therefore, an amino acid-based formula should be considered for children who undergo gastrointestinal surgeries, especially colostomy in neonates or early infants. When an acute gastrointestinal disease is suspected in children with DS, FPIES should be considered. This may prevent unnecessary tests and invasive treatments.


Abstract

食物蛋白誘発性腸炎症候群(FPIES)は、非IgE依存性の食物アレルギーである。しかし、ダウン症(DS)患者におけるFPIESの臨床的特徴についてはほとんど知られていない。2000年から2019年の間に当院で診断されたDS患児の診療記録を後方視野的に検討した。43例のDS患児のうち、5例(11.6%)がFPIESと診断され、全例が重症であった。FPIES群では、発症年齢中央値は84日、寛解年齢は37.5ヵ月であった。原因食物は牛乳と小麦であった。人工肛門の手術歴はFPIES群で非FPIES群より有意に多かった。人工肛門を造設したのはFPIES群の2例で、2例とも重度の脱水と代謝性アシドーシスを含むFPIESの最も重篤な症状を有していた。人工肛門の手術歴と術後の栄養補給が人工乳栄養であったことが、FPIESの発症につながった可能性がある。したがって、消化管手術、特に新生児や乳児初期の人工肛門造設術を受けた小児には、アミノ酸乳を考慮すべきである。DSの小児で急性消化器疾患が疑われる場合には、FPIESを考慮すべきである。そうすることで、不必要な検査や侵襲的な治療を防ぐことができる。





閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page